Amazon.co.jp ウィジェット
So-net無料ブログ作成
検索選択

Googleの「+1」ボタンが日本語にも対応 [各種サービス]




マイコミジャーナル2011年6月28日付の記事。

グーグルは6月28日、3月からgoogle.com の検索結果に表示してきた「+1」ボタンが日本語を含む43の言語による検索結果にも表示されるようになったことを発表した。

+1ボタンの使い方は、よいと思うWebページを見つけたらワンクリックするだけで、その評価を友人や知り合い、広く世界のユーザーと共有するといったもの。

+1ボタンにより、「適切な相手」から、「適切なタイミング」かつ「適切な方法」でオススメが表示されることになる。

日本語での+1ボタンのリリースに際し、以下のサイトでも+1ボタンが設置される予定だが、個人のサイトでも+1ボタンは設置することができる。

ASCII.jp、はてなブックマークニュース、イザ!、Impress Watch、時事ドットコム、マイコミジャーナル、PC Online、スポニチアネックス、TechCrunch Japan、YOMIURI ONLINE、47NEWS、東急ハンズ、Ameba、BIGLOBE、goo、JUGEM、Livedoor ブログ、魔法のiらんど、楽天ブログ、tenki.jp、Yaplog!





グーグル検索を利用すると、上記の画像のように「+1」ボタンが表示されるようになった。



検索結果に表示される各ホームページへのリンクの横に「+1」ボタンが表示されているのがわかる(真上の写真参照)。

お気に入りのサイトや、チェックしておきたいサイトがあれば「+1」ボタンを押すことで+1専用のリスト内に保存される。

+1のリストは、Googleアカウントのプロフィールの中にあり、自分自身だけでなく、他のGoogleユーザーがプロフィールを閲覧した際に見ることができる。

そのユーザーがどういうホームページをオススメしているか、どういう趣味を持っているのか、ある程度の傾向を知ることができる。

共通の趣味の友達が見つかるかも知れない。

ただし、+1ボタンを利用するにはGoogleのアカウントを取得する必要があり、ログイン状態で使用可能となる。

Facebookの「いいね!」ボタンやGREE・mixiのボタンと同様の感覚で使用できる。

どこまで普及するかは分からないが、ユーザーにとっては選択枠が増えるため、どのサービスを利用しようか迷うところである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7月1日に電力使用制限令37年ぶり発動 大口需要に15%節電義務付け [緊急情報]

東日本大震災後の電力不足を受けて、政府は7月1日、東京電力、東北電力管内にある大規模工場など大口電力需要家に対して昨年比15%の節電を義務付ける電力使用制限令を発動する。

第1次石油危機があった昭和49年以来37年ぶりの発動で、不測の大規模停電を防止するのが狙いだ。

これに合わせて東電と東北電は30日以降、翌日や当日の電力需給についてより詳細な見通しを発表し、利用者に一層の節電を促す。

政府が電力使用制限令を発動するのは、震災で被災した東電、東北電管内の原子力発電所が停止し、電力の供給力が著しく落ち込んでいるからだ。

東電管内では29日、電力需要が震災後最大の4570万キロワットに達し、最大供給力の4900万キロワットの93%を超えた。

需要が供給を超えれば、不測の大規模停電を引き起こす恐れがある。

東電は7月末までに震災で停止した火力発電を復旧させるなどして、最大供給力を5520万キロワットまで引き上げる方針だ。

しかし昨年夏は、7月20日に電力需要が5700万キロワットを超えており、「節電が不可欠」(経済産業省幹部)な状況にある。


この宣言は非常に重要。

大規模停電が起こってからでは遅いので、早めに徹底した節電をするように呼びかける必要がある。

特に東京電力管内は既に電力使用量が供給量の90%台半ばに達しており、大規模停電発生の一歩手前の状況。

電力使用量が多い大口利用者に対しては義務付けてでも節電を呼びかけ、何としても大規模停電は避けなければならない。

大規模停電が発生すると、日本の経済が全てストップしてしまい、鉄道などの交通機関も全て動かなくなる。

病院などは自家発電があるにしても、例えば家庭で呼吸器を付けている人にとっては、大規模停電は深刻な事態となる。

深刻さを国民や企業にしっかり伝え、きちんと理解してもらう必要がある。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国、ユーロ導入国の国債購入も [国際経済]

共同通信社2011年6月28日付の記事。

欧州訪問中の中国の温家宝首相は28日、ドイツのメルケル首相とベルリンの首相官邸で会談後に共同記者会見し「必要なら、適切な規模でユーロ導入国の国債を購入する」と語り、ギリシャの財政危機などで揺れるユーロの安定を支援する姿勢を示した。

メルケル首相は「温首相がユーロの安定に強い関心を示した」と述べた。


欧州にとっては朗報だろうが、この件とは別に中国と欧州の関係が悪化し、厄介な事態に発展するという報道もある。

その件とは、新幹線特許の問題。

これは日本も関わっているのだが、中国は日本や欧州から導入した技術に基づいて改良・開発した高速鉄道(中国版新幹線)車両を自国で開発したと訴え、米国・ブラジル・欧州・ロシア・日本など世界の様々な国で特許を出願しようとしているのだ。

欧州・日本で協力して造り上げた財産を自国のものにしようとしている。

中国の特許出願が本格化し、認められるようなことになれば、欧州・日本の打撃は非常に大きいもので、中国との関係は悪化するに違いない。

中国のことだから、特許出願に異議を唱えると、色々と圧力をかけてくるだろう。

「ユーロ導入国の国債購入はやっぱり取りやめだ!」という事態も十分に考えられる。

「あの時、国債を買って救ってやっただろう。」と恩着せがましい態度も取るだろう。

中国と関わりを持つということは多少のリスクがあり、大変厄介なことだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

名古屋市営バス、210m逆走 [事故関連]

毎日新聞2011年6月28日付けの記事。

名古屋市交通局は、25日に市バスが東区内の県道の基幹バスレーンを210メートルにわたって逆走したと27日、発表した。

事故はなく、乗客25人にけがはなかった。

市交通局によると、この市バスは浄心営業所(西区)所属の男性運転手(49)が運転、25日午前9時25分頃、東区赤塚町の赤塚交差点から同区芳野1の交差点まで、誤って対向車線のバスレーンを走行した。

市民からの通報で発覚。

現場は進行方向の西に向かって緩やかな左カーブとなっており、この間、乗用車1台が対向してきたが、車の方が別の車線へよけたという。

同営業所の業務は三重交通(本社・津市)に委託。

この運転手は市バスの乗務経験は2年11か月で、「気づいたら対向車線に入っていた」と話しているといい、現在は乗務から外れている。

市交通局は「全乗務員に、改めて安全運転を強く指導する」としている。


考え事をしていたか、睡眠時無呼吸症候群(SAS)か、睡眠不足でぼんやりしていたのか知らないが、人の命を預かっているということを軽く見ているのではないか。

運転士の体調や身辺の調査、業務環境が適切だったかなども徹底的に調査すべきだ。

問題のバス運転士は、名古屋市交通局から業務委託された三重交通の社員とのことだが、調査・検証は名古屋市交通局と三重交通とがしっかり連携して行う必要がある。

業務環境に無理がある場合は、この運転士に限った話ではないので、全面的に業務環境を見直す必要も出てくるだろう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

細野氏は「原発事故収束・再発防止担当相」正式発表 [政治関連]



枝野幸男官房長官は2011年6月27日夜の記者会見で、細野豪志首相補佐官を原発事故収束・再発防止担当相に任命するなどの内閣人事を正式に発表した。

蓮舫行政刷新担当相は退任し、松本龍環境相の復興対策担当相任命に伴う後任環境相は江田五月法相に兼務させる。

また、内山晃総務政務官を交代させ、後任に自民党の浜田和幸参院議員を起用すると正式に発表した。浜田氏は復興対策本部の本部員となる。


震災復興に尽力しなければならないのはよく分かるが、それにしても閣僚を増やし過ぎではないか?

震災復興は当然大事なことだが、どうして震災から100日以上も経過した今頃になって専門の指揮官を決め、震災復興人事を本格化させていくのか?

何故今頃になってから復興に向けて本格的に動き出すのか意味不明。

平和ボケもいいとこだ。

政府やお役所仕事の典型パターンである。

担当大臣が大幅に増え、閣僚などの要職をいっぱい作って肥大化させているようにも思える。

何でもかんでも担当大臣というポストを作って対応すれば良いというものでもないと思う。

大臣になると、それなりの給料を取るのだろうし・・・。

復興にも金がかかるし、人件費にも金がかかる。

高給取りは無償で奉仕活動してほしいものだ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モンスターペアレント母を逮捕 [犯罪関連]

産経新聞2011年6月16日付の記事。

中学生の息子に教諭が体罰をしたと訴えて中学校から金を脅し取ろうとしたとして、福岡県警が母親(46)と知人の男(29)を恐喝未遂容疑で逮捕する方針を固めたことが16日、同県警への取材で分かった。

県警によると、2人の容疑は3月上旬、息子が通う福岡市内の中学校に出向き「体罰を受けた」などと主張し、金を脅し取ろうとしたとしている。

知人の男は暴力団関係者という。

学校に苦情や不当な要求を訴える保護者は「モンスターペアレント」と呼ばれ、全国で問題化している。


体罰に相当するかどうか判断は難しいし、教師やり方に抗議する親はよくいる話だが、金を要求する時点で普通の親ではない。

この母親の知人が暴力団関係者と聞いて納得した。

だいたい暴力団と関係を持つ人間は、お金を要求する傾向にある。

学校に抗議するだけでなく、お金を要求するという全く通用しない手段を選ぶ所がいかにもそういう関係者だと・・・。

暴力団でもかなり下の方の人(チンピラ)だろう。

学校にお金を要求して支払ってもらえるとでも思っているのだろうか?

教師個人ではなく、堂々と学校に金を要求するとは発想が幼稚過ぎる。

裁判を起こして慰謝料を請求する方がまだまとも。

これじゃぁ、逆に学校側から裁判を起こされて敗訴するだろうなぁ。

職務妨害もいいところだ。

こんな親を持つ子どもが気の毒。

外見は大人(親)で、中身は子供だな。

モンスターペアレントではなく、モンスターチャイルドだ。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

関西のJRと5大私鉄、夏の節電対策検討へ [交通関連]

読売新聞2011年6月14日付の記事によると、関西のJR(西日本)と5つの主要私鉄各社が、関西電力の15%節電要請発表を受け、電車の運行本数を減らす「間引き運転」を含んだ節電対策に向けて本格的に動き出したとある。

ただ、別のメディアでは関西電力から私鉄各社への直接的な節電要請はまだ行われておらず、現段階では私鉄各社が独自で節電対策に向けて動き出している段階と報じているところもある。

間引き運転は利用者に多大な迷惑をかけることになることから、実施は困難としている鉄道会社もあるようで、関西電力から具体的な要請があった場合に検討していくようだ。

間引き運転が前提ではなく、間引き運転はあくまで最終手段というのが鉄道各社の認識。

他の節電対策でもカバーしきれない場合には、苦渋の決断として間引き運転も検討されていくことになるだろう。

朝・夕の通勤時間帯の電車削減は非常に困難で、逆に混雑や混乱が大きな事故を招く可能性もあることから、間引き運転が実施されるとすれば、首都圏のように出来る限り影響の少ない時間帯(例えば昼間)に行われるのではないだろうか。

読売新聞記事によると、関西のJR・私鉄各社が間引き運転以外に取り組む節電対策は以下のとおり。

■ JR西日本・・・駅設備照明の一部消灯・改札機と券売機の一部停止

■ 阪急電鉄・・・駅設備照明の一部消灯・電車内冷房の設定温度を上げる

■ 阪神電車・・・駅設備照明の一部消灯・一部のエスカレーターとエレベーターの停止

■ 京阪電車・・・駅設備照明の一部消灯・一部のエスカレーターとエレベーターの停止

■ 南海電車・・・一部券売機の停止・車内照明の一部消灯

■ 近鉄電車・・・駅設備照明の一部消灯・電車内冷房の設定温度を上げる

利用者としては、間引き運転は実施せずに上記の節電対策だけで何とか乗り切って欲しいところだ。

今後、どういう節電対策が実施されていくのか、要注目だ。

この報道の中には、大阪市営地下鉄は含まれていないため、大阪市交通局の節電対策も気になるところ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NZのクライストチャーチで再び地震 [災害関連]

2011年2月の地震で181人が死亡したニュージーランド南島クライストチャーチ(Christchurch)で6月13日、マグニチュード(M)6.0のものを含む地震が相次いで起きた。

すでに地震で傷んでいた50を超える建物が倒壊したほか、おそよ5万4000世帯が停電し、市内全域で断水するなどの被害が発生した。

これまでに少なくとも10人が負傷したが、死亡者の報告はない。

負傷者の中に重傷者はいないという。


それにしても2011年は自然災害が多い年だ・・・。

少しずつ落ち着きを取り戻していたところに再び地震。

非常に気の毒だ。

しかし、死者が出なかっただけでも幸運だったと思わなければならない。

これ以上、大きな被害が出ませんように!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪市電子調達システム [地方行政]

大阪市電子調達システムアドレスが2011年6月6日から変更になり、トップページのデザイン変更などが実施されました。



メニューなどを見やすく整理したそうです。

電子入札のシステム自体は変更されず従来のまま。

新URL:http://www.keiyaku.city.osaka.lg.jp/

ドメインが「keiyaku.city.osaka.jp」 → 「keiyaku.city.osaka.lg.jp」へ変更となりました。

「lg」が追加された形です。

「lg」は「local government」の略。

「lg.jp」は、大阪市などの地方公共団体に与えられる専用のドメインです。

入札情報など、閲覧する人への影響はアドレス変更のみですが、業者など電子入札を利用する人はパソコンの設定変更などが必要とのこと。

【関連リンク】
■ 大阪市電子調達システム機種更新に伴うトップページのリニューアルについてPDF
■ 大阪市電子調達システム機種更新に伴う動作環境等の設定変更について(PDF)
■ 大阪市電子調達システム
■ 大阪市契約管財局ホームページ
■ 大阪市ホームページ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Googleで世界の美術館へ [各種サービス]

Googleアートプロジェクト」というインターネット上で世界の美術館の中を探索できるサービスがあります。



デジタル美術館という感じ。

様々な作品を見ることができ、細かい部分まで操作して絵画を拡大することもできます。

一度、利用してみてはどうでしょうか?

時間つぶしできて楽しいかも。

特に絵画好きな人は是非。

■ Googleアートプロジェクト

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪府ホームページがリニューアル [地方行政]

大阪府のホームページが2011年6月1日にリニューアルされた。

【新ホームページ】


2009年8月のCMS(コンテンツマネージメントシステム:Webに関する知識なしでワープロ程度の操作でホームページの作成ができるシステム)の導入によるリニューアル以来、1年10ヶ月ぶり。

以前のホームページは、1画面上に表示される情報量を必要最低限に抑え、1ページあたりの情報を出来るだけスクロール操作なしで閲覧できるように工夫されていた。

【旧ホームページ】


今回は逆に1画面上に表示される情報量を増やし、かつイラストや写真等を使って見やすさ向上を実施した。

また、カテゴリー(メニューの分類)を見直し、検索のしやすさを重要視したものとなった。

大阪府は今回のリニューアルにおいて、3つの目的を設けている。

■ 府民にもっと活用されるサイト
■ 迷子にさせない優しく誠実なサイト
■ わかりやすく見て楽しいサイト

【主なリニューアル点】
■ ブルーを基調とした親近感のある見やすい画面デザインに改良

■ 機能別にコンテンツを集約し、情報を整理することで情報掲載量を拡充

■ 「トピックス」や「主要施策」等、新たなコーナーを設置

■ 府民目線でカテゴリを再整理し、検索しやすく改善

■ 手続・催し総合案内(ピピっとネット)とイベントカレンダーを使いやすく改善

【関連リンク】
■ 大阪府ホームページ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪府、複数の公立学校で民間校長を公募 [教育関連]

大阪府(大阪府教育委員会)は2011年6月6日、複数の府内公立学校で民間からの校長を公募することを発表した。

募集されるのは、府内の公立小学校長と府立学校長。

【公立小学校長】
■ 豊中市内の公立小学校
■ 寝屋川市内の公立小学校
■ 大東市内の公立小学校
■ 東大阪市内の公立小学校
■ 大阪狭山市内の公立小学校

↑ 各1名ずつ。

小学校名は明らかにされていない。

【府立学校長】
■ 高等学校(普通科・総合学科・専門学科)
■ 支援学校

↑ 若干名(1名~3名程度)

学校名は明らかにされていない。

【採用形態】
一般職の任期付職員として採用

【採用期間】
2012年4月1日より3年間

【応募期間】
2011年6月7日(火)~2011年7月7日(木)まで。

【募集要項】
報道発表資料を参照(こちら
2011年6月7日9時以降からは こちら でも公表

【関連リンク】
■ 大阪府(教育・学校・青少年)
■ 大阪府教育委員会
■ 大阪府報道発表のページ
■ 大阪府ホームページ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。