Amazon.co.jp ウィジェット
So-net無料ブログ作成
検索選択
地方政治 ブログトップ

大阪府守口市の前市長、西口勇氏が死去 [地方政治]

産経新聞2011年7月27日付の記事。

西口勇氏(にしぐち・いさむ=前大阪府守口市長)26日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去、66歳。

自宅は守口市滝井元町1の4の13。

通夜は28日午後6時半、葬儀・告別式は29日午前11時、守口市寺方錦通1の3の15、くすの木会館で。

喪主は妻、啓子(けいこ)さん。

守口市議、大阪府議を経て、平成19年の市長選で初当選。

体調不良のため、7月8日に退任していた。


守口市の新市長が決まったという記事を作成したときに気付いた。

大変急な訃報で驚いている。

前市長は、2011年7月1日付の産経新聞記事によると、2011年4月下旬から腹痛などを訴え、5月6日以降は在宅業務に切り替えていたとのこと。

その後に入院し、5月18日から市長職務代理者を置いていたが、6月10日に市長本人から退職届が出され、7月1日に行われた守口市議会本会議で同意された。

7月8日付で守口市長を退任した。

退任から1ヶ月も経たないうちの死去で、最初(2011年4月下旬)の体調不良から見ても僅か3ヶ月。

かなり身体の具合が悪かったのだろう。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)は、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎で、高齢者に多く発症し、再発を繰り返す特徴があるそう。

再発を繰り返すと耐性菌が発生して抗生物質治療に抵抗性を持つため、優れた抗生物質が開発された現在でも、多くの高齢者が死亡する原因になっているとのこと。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪府守口市長選挙、西端氏初当選 [地方政治]

共同通信2011年8月7日付の記事。

体調不良による前市長辞職(その後に死去)に伴う大阪府守口市長選は7日投開票の結果、無所属新人で大阪府の橋下徹知事が代表を務める大阪維新の会推薦の元市議西端勝樹氏(48)が無所属新人の前市教育長藤川博史氏(59)を破り、初当選した。

投票率は前回を1・44ポイント上回る39・54%だった。


また橋下氏派の当選である。

しかし・・・投票数が依然として低すぎる。

「どうせ誰に入れても一緒だから」という考えの人が多いのだと思うが、自分が住む市の将来に関わることなのだから、真剣に考えて参加しなければならない。

これほど投票率が低く、政治離れが進んでいるのは日本くらいではないか。

次は2011年11月実施の大阪市長選挙。

一部報道では、橋下徹氏自身が大阪府知事を辞職して大阪市長に鞍替え出馬して選挙に出ると言われており、実現すればかなり大きな選挙となる。

どこまで投票率が上がるだろうか??

ちなみに前回実施された2007年11月の大阪市長選挙の投票率は、43.61%でその前(2005年11月の出直し選挙)よりも9.69ポイント上がった。

当時の政権は自民党で、自民党政権に対する国民の不満がかなり高まっていた頃。

現職の市長(当時)が自民党などの推薦を得て出馬し、当選すれば戦後初の民間市長となる平松邦夫氏(現市長)が民主党などの推薦を得て出馬した。

現職が認められるか、初の民間で新しい風を吹かせるかの選挙となり、大阪市民の間でもかなり関心が高まった選挙である。

結果、戦後初の民間市長が誕生し、従来の歴代大阪市助役(現在は副市長)が市長に昇格するという構図は崩壊した。

マスコミは、これを「中之島一族の崩壊」と大きく報じた。

2011年11月実施の大阪市長選挙は恐らく民間VS民間の選挙になると思われるが、大阪都構想という大阪市民にとっては将来の大阪市のスタイルを決断する大事な選挙となるため、かなり市民の関心が高まると思われる。

どこまで投票率が上がるだろうか・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

橋下知事、大阪市長選「候補なければ僕が出る」 [地方政治]

読売新聞2011年7月22日付の記事。

大阪府の橋下徹知事は22日、11月27日投開票の大阪市長選について、報道陣に対し、「候補者が見つからなければ僕が出る」と述べた。

橋下知事はこれまで、市長選に合わせて辞職し、知事選とのダブル選にすると明言していたが、自らの去就について踏み込んだ発言をしたのは初めて。


まだダブル選挙と決まったわけではない。

橋下知事は、「候補者が見つからなければ・・・」と述べているので、大阪維新の会から出る適任の候補者が見つかれば、出馬しない可能性もある。

つまり、平松市長やその他の市長選立候補者に対抗できる対抗馬を立てて応戦する可能性もあるのだ。

一方、大阪市の平松市長も様々な可能性があるとしている。

大阪市長選挙に再出馬する可能性・大阪府知事選挙に鞍替え出馬する可能性・双方共に出馬せずに引退する可能性。

橋下知事・平松市長共に様々な可能性を検討しているため、ダブル選挙は確定ではなく、大阪市長選挙・大阪府知事選挙共に任期満了に伴って、本来の期日通り選挙が実施される可能性もある。

しかしながら、大阪市長選挙は今までにない「大阪市の存続・将来について」が焦点となり、大阪府民・大阪市民だけでなく、日本全国の多くの有権者から関心の目が向けられることになるだろう。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪市長選の自民候補模索 平松市長「とやかく言うことではない」 [地方政治]

大阪市の平松邦夫市長は2011年4月15日の定例会見で、自民党が次期市長選に独自候補の擁立を模索していることについて、「私がとやかく言うことではない」と静観の姿勢を強調。

次期市長選への自身の態度決定についても「(影響は)しないと思います」と述べた。

態度決定の時期について平松市長は10日の市議選投開票後、「(次期市長選の直前)ギリギリでも構わない」と発言しており、この日も「(発言は)変わりません」とした。


「私がとやかく言うことではない」・・・確かにそうだ。

誰が出馬しようと、自由だから誰も異論は言えない。

平松市長は、橋下知事が代表の大阪維新の会とは考え方が異なりますから、今は相手(大阪維新の会からの候補者)の出方を様子見しているのではないでしょうか?

それに、今年11月の市長選挙までまだ日程がありますから、その間に何か動きが変わってくる場合もある。

市長も言うように、出馬表明はギリギリでも構わないと思う。

要は、立候補届け出締切日までに手続きすればいいのだから。

いつ態度表明をしたって、投票日が変わるわけではないので、大阪市民にとっては何ら影響はありません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「復興税」導入に苦言 岩手知事 [地方政治]

毎日新聞2011年4月15日付の記事。

岩手県の達増拓也知事は15日の定例記者会見で、東日本大震災復興構想会議の五百旗頭(いおきべ)真議長が提起した「震災復興税」構想について、岩手の物産品購入などを通じた支援を求めている立場から「普通、増税すれば消費が低下する」などと述べ、導入に批判的な考えを示した。

達増知事は、震災対策では思い切った財政金融政策が求められるとしたうえで、「復興税は緊縮型の財源調達」と指摘。「岩手の産物を買い、応援する余力をそがない増税があるなら可能性を検討すべきだろう。そがない予算の調達を考えてほしい」と述べた。


何でも増税だが、まずは増税以外の手段で考えるべき。

震災復興宝くじを発行するとか言っていたのでは?

宝くじなど、国民が楽しみながら貢献出来る方法など考えてはどうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

橋下知事「大阪のあり方で信を問いたい」知事辞任し、市長選とのダブル選に言及 [地方政治]

大阪府の橋下徹知事は2011年4月13日、12月に任期満了となる大阪市長選にあわせ、「僕らが作る大都市のあり方についての大綱の中身次第で信を問う」と述べ、市長選にあわせて知事を辞任、市長選と知事選のダブル選を行い、出直し知事選に立候補する可能性に言及した。

ただ、任期中に辞職して知事選に立候補した場合、当選しても2期目の任期は残任期の来年2月までとなり、知事を続けるにはさらに選挙が必要になる。


日本全国、震災と原発事故・計画停電の話題で埋め尽くされている状況ですが、大阪だけは状況が異なるようです。

10日に行われた統一地方選挙では、全国は自民党VS民主党の戦いでしたが、大阪だけは既存政党VS大阪維新(地域政党)の戦いとなりました。

まるで、大阪だけ2009年に行われた政権交代を問うた衆議院選挙の時のようです。

大阪の将来に関わることですから、真剣に考えなければなりません。

しかし、知事選挙の場合は辞職した上での選挙になるということで、当選者は僅か2ヶ月前後の任期となり、2ヶ月後に再び選挙になります。

選挙費用の問題と、府民が頻繁に行われる選挙に協力するかどうか・・・。

愛知名古屋市の河村たかし市長のように、役所と市議会の徹底的なコスト削減を訴える一方で、選挙には多額のお金をかけていると批判されそうな気がします。

大阪市長選挙と大阪府知事選挙とはたった2ヶ月程度しか間隔が空いていません。

同時選挙にした方が府民・市民にとっては楽なように思われがちですが、先述のように府知事当選者は僅か2ヶ月前後の任期となり、2ヶ月後に再び選挙になりますから、結局は大阪市民に取っては大阪市長選挙と大阪府知事選挙と通常通り別々に開催した場合と投票所に足を運ぶ回数は変わりません。

大阪市民を除く大阪府民の場合は、逆に投票所に足を運ぶ回数が増えるため、府知事選挙を通常通り単独で実施した方が、投票率は上がると思います。

まだ決定事項ではないですが、今後の動向を注視する必要があると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京都知事に石原慎太郎氏(4選) [地方政治]

2011年4月10日投開票の東京都知事選挙で現職の石原慎太郎氏が当選確実になったと、日本のメディア各社が報じた。

出口調査によると石原氏は居酒屋チェーン前会長の渡辺美樹氏、元コメディアンで前宮崎県知事の東国原英夫氏らに大差をつけて当選した。


石原氏の3期12年間の実績で投票をした人もいると思いますが、どちらかと言えば東日本大震災と近年の不況で新しい顔を選ぶよりも、どういう戦略で都政を動かしていくかそこそこ傾向が読み取れる人を選んだ方が無難だという考えが一番にあったのではないかなと思わせる結果となったように思います。

2009年の衆議院選挙では、新しい風を吹かせようと、民主党を選んで大失敗しましたしね。

2011年3月14日の記者会見において、石原氏が東日本大震災に関して「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と述べ、後に誤解を招く発言として謝罪して撤回しましたが、これに関してはあまり選挙には影響していないようですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

都知事選、石原氏優勢 追う東国原・渡辺氏 情勢調査 [地方政治]

朝日新聞社は2011年4月2日・3日の両日、10日投開票の12知事選のうち東京など5知事選と、静岡など4政令指定市長選について電話調査をし、取材による情報も合わせて情勢を探った。

東京では4選を目指す石原慎太郎氏が優勢で、前宮崎県知事の東国原英夫氏、元ワタミ会長の渡辺美樹氏が追う展開だ。

石原氏が優勢とは正直意外です。

東国原氏かと思っていました。

どうせ人気度投票みたいになって、東国原氏支援が大勢だろうなぁと・・・。

それに石原氏は2011年3月14日の記者会見において、東日本大震災に関して「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と述べ、多くからとんでもない発言(失言)だと批判を受けました。

翌日の記者会見で「言葉が足りなかった。撤回し、深くおわびする」と謝罪したものの、やはりこれだけの発言をしているのですから、世間への影響は非常に大きいと思っていました。

大震災で日本全国が団結すべき時にこういう発言をしたわけですから・・・。

結果は最後まで分かりませんが、現時点で石原氏が優勢というのは正直意外でした。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪府議会、東北地方太平洋沖地震の見舞金贈呈を決定 [地方政治]

大阪府の報道発表によると、大阪府議会は東北地方太平洋地震で甚大な被害を受けた地域へ見舞金を贈呈することを決めたそうです。

見舞金が贈られるのは、特に被害が大きかった岩手県・宮城県・福島県の3県で、それぞれに112万円ずつ贈られます。

贈呈日は2011年3月15日(火)で、大阪府東京事務所長から各県の東京事務所長を通して贈呈される予定。

【関連リンク】
■ [議会事務局]東北地方太平洋沖地震の被害に対する見舞金の贈呈(大阪府ホームページ内)
■ 大阪府議会ホームページ
■ 大阪府ホームページ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
地方政治 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。