Amazon.co.jp ウィジェット
So-net無料ブログ作成
検索選択
国際関連 ブログトップ

クウェート、原油500万バレルを日本に無償提供 [国際関連]

クウェートは2011年4月18日、東日本大震災で被災した日本への連帯のしるしとして、石油500万バレルを無償提供すると発表した。

現在の価格で約5億5000万ドル(約450億円)に相当する。

クウェートのアハマド・アブドラ・アハマド・サバハ石油相は、「日本への連帯を示すため、日本に500万バレルの原油か石油製品を寄付することを閣議決定した」と述べた。

日本に輸送する日時については明らかにしなかった。


非常に有り難い支援ではないか?

大きく役立てられることを祈っています。

クウェートに感謝しないといけませんね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

汚染水説明に韓ロ欠席、聞き逃す [国際関連]

共同通信社2011年4月18日付の記事。

日本政府が2011年4月4日、福島第1原発からの低濃度汚染水放出の数時間前に開いた在京大使館向け説明会に韓国とロシアが欠席、放出の事前通告を聞き逃していたことが分かった。

複数の外交筋が明らかにした。

放出後、韓国とロシアは、個別の事前通報がなかったと不満を示していた。

説明会欠席を「棚上げ」した形の姿勢に日本政府内からは「批判は一方的過ぎる」との声も上がる。

しかし、欠席した大使館に通告が伝わったのは放出後だったこともあり、明確な反論もできなかった。

日本の外務省によると、米国、カナダなどが出席したが、51カ国と1国際機関にとどまったため、在京の149カ国の全大使館と欧州連合(EU)、35国際機関にファクスやメールを一斉送信した。

ただ、その時間は放水開始から2分後の午後7時5分で、内容も「放水は本日中に開始される」と未来形だった。


どっちもどっちってことかな?

しかし、あの韓国の反論ぶりには怒りを覚える。

あれだけ偉そうに「事前告知がなかった」と日本批判をしておいて、説明会の機会を見逃していたとは・・・。

偉そうに言える立場にないのではないか。

仮に低濃度汚染水の放出に反対だとしても、その説明会の場で遺憾の意を伝えればよかったのでは?

欠席した以上、韓国はあまり大きなことは言えないはずだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国首相の「日本は無能」発言 「趣旨違う」松本外相問題視せず [国際関連]

松本剛明外相は2011年4月8日の記者会見で、韓国の金滉植首相が東京電力福島第1原発から放射性物質を含む汚染水が海に放出された際の日本政府の対応に関し「日本が無能」と明言したことについて、「日本政府や日本自体が無能という趣旨でコメントしたとは理解していないし、そうだと(韓国側に)確認している」と述べ、問題視しない考えを示した。

問題視しないのではなく、弱腰なだけなのでは?

どうも民主党政権は中国や韓国の問題になると弱腰になる。

混乱を避けたいのか、すぐに逃げてしまう。

日本として伝えるべきことは伝えるべきだし、日本の立場・考えを明確にすべきです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国の郡で、募金活動を中止 教科書「竹島」明記で抗議 [国際関連]

産経新聞2011年4月6日付けの記事。

韓国中部の忠清北道槐山郡は2011年4月6日、日本の中学校教科書検定で合格した社会科公民や地理の教科書に竹島が日本の領土として明記されたことに反発し、東日本大震災の復興支援のための募金活動を中止したことを明らかにした。

郡職員らを対象にした募金で、全額を返還する方針。

同郡によると、募金では各部署や郡議会から約450万ウォン(約35万円)が集まっていた。

同郡の関係者は募金中止の理由について、日本の領土権侵害を挙げた上で「韓日の友好関係を一気に冷ました日本の対応は、理解できない」と批判している。

竹島問題と震災を一緒にしようとしている韓国の考え方が理解出来ない。

東日本大震災では、韓国を含め多くの国に随分とお世話になっているが、助けてもらったからといって領土問題は帳消しということは絶対にない。

全くの別問題である。

竹島問題の領土問題の解決を狙って救援支援をしているのであれば、日本としては「韓国の援助はもう結構だ。」とはっきり断るべきである。

韓国は、震災で打撃を受けている日本を好機としてとらえているのではないか。

韓国こそ、「独島総合海洋科学基地」の建設を独自に勝手に進めようとしている。

これの方が具体的行動であり、抗議するに値すると思う。

日本政府も、しっかりと韓国に対して抗議すべきだ。

全く、中国にしろ韓国にしろ日本の弱みにつけ込んでばかりで困った国である。

迷惑な近隣国だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「後ろから殴られた」大震災支援にからめ 韓国メディアが「竹島」明記の教科書批判 [国際関連]

文部科学省が2011年3月30日に公表した、来春から使われる中学校教科書の検定結果に対し、韓国メディアがやはり非難の声を高めている。

非難の矛先は、言うまでもない竹島(韓国名・独島(ドクト))に関する記述と取り上げが増えたことに向けられたが、東日本大震災被災地への韓国側の援助にからめた対日批判がまず目立った。

韓国は、東北地方太平洋地震発生に関する記事で「日本沈没」と記事にし、その時から「韓国は日本の被災を好機だと思っているのではないか」という評論家が何人かいました。

そう感じた国民も多いのではないでしょうか?

それが現実的になってきているような気がします。

震災支援で救助隊を派遣し、「日本と我々(韓国)は友達だ」と友好関係をアピールする一方で、水面下では反日姿勢をさらに強め、日本の今の時期を好機として奪えるものは奪ってしまえと具体的に行動に出ようとしているのではないかと思ってしまう。

中国に関しても、同様の行動を取るのではないかと危惧しています。

今、日本は国内のことで手一杯の状態なので、外交まで目が行き届かないと思われているのではないでしょうか。

特にこういう時期には、より警戒心を持つ必要があると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スペインの風力発電、最大の電力供給源に [国際関連]

再生可能エネルギーへの取り組みで知られるスペインの2011年3月の電力供給で、風力発電の占める割合が前年同月比5%増の21%に達し、初めて最大の供給源になった。

日本の原子力発電所事故を見ていると、風力発電の方が安全だし環境にも良いのではないかと思ってしまう。

ただ、知人の話では日本で風力発電を行うためにはかなりの本数のプロペラを建てる必要があり、とてもじゃないけど追いつかないとのことだ。

1本あたりのプロペラで発電できる電気量はたかが知れているのだそう。

プロペラを建てる土地も必要だし、効率が悪いらしい。

風力発電並みに安全で環境的な発電システムが他にあるといいのですが・・・。

太陽光発電システム(ソーラーパネルの設置)は、多額のコストがかかりますし、天候に影響されますから、悪天候の日が続くと電力不足になる可能性が高いですしね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリア、原発復活計画を1年間凍結へ [国際関連]

イタリア政府は2011年3月23日の閣議で、原子力発電所の再開計画を1年間凍結することを決定するそうです。

日本の東京電力福島原子力発電所でのトラブル問題は、イタリアだけでなく全世界へ影響を与えそうです。

日本はこのトラブルはどのように解決させるか・・・世界各国が注目しています。

東北地方太平洋地震は、思わぬ事態に発展し、全世界を揺るがす事態になっています。

【参考リンク】
■ 福島第一原子力発電所事故(Wikipediaホームページ内)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
国際関連 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。