Amazon.co.jp ウィジェット
So-net無料ブログ作成
検索選択
国際関連 ブログトップ

スペインの風力発電、最大の電力供給源に [国際関連]

再生可能エネルギーへの取り組みで知られるスペインの2011年3月の電力供給で、風力発電の占める割合が前年同月比5%増の21%に達し、初めて最大の供給源になった。

日本の原子力発電所事故を見ていると、風力発電の方が安全だし環境にも良いのではないかと思ってしまう。

ただ、知人の話では日本で風力発電を行うためにはかなりの本数のプロペラを建てる必要があり、とてもじゃないけど追いつかないとのことだ。

1本あたりのプロペラで発電できる電気量はたかが知れているのだそう。

プロペラを建てる土地も必要だし、効率が悪いらしい。

風力発電並みに安全で環境的な発電システムが他にあるといいのですが・・・。

太陽光発電システム(ソーラーパネルの設置)は、多額のコストがかかりますし、天候に影響されますから、悪天候の日が続くと電力不足になる可能性が高いですしね。



当ブログ記事はここまで。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
国際関連 ブログトップ