Amazon.co.jp ウィジェット
So-net無料ブログ作成
検索選択
政治関連 ブログトップ

<辻元清美氏>民主党に入党 次期衆院選は公認候補に [政治関連]

毎日新聞2011年9月7日付の記事。

社民党を離党した辻元清美前首相補佐官(51)が民主党に入党し次期衆院選で同党公認で立候補する見通しとなったことが7日、関係者の話でわかった。

党大阪府連は10日に常任幹事会を開き、辻元氏の入党を了承し衆院大阪10区支部長への就任を内定。

その後、党本部が正式決定する予定。

辻元氏は鳩山内閣で社民党から副国土交通相に就いたが、社民党の連立離脱で昨年5月に辞任し同8月に同党を離党した。

辻元氏はその後に衆院会派「民主党・無所属クラブ」入りしたものの、当面は民主党入りはせず無所属での活動を行ってきた。

東日本大震災直後の今年3月からはボランティア担当の首相補佐官に就任。

今月の菅内閣の退陣に伴い補佐官を辞任した。


やっぱり。

この人の入党は時間の問題だった。

社民党離党後、民主党政権に歩み寄りを見せて急接近。

いきなり民主党に入党すると、「裏切り」だの何だのってマスコミ周辺から叩かれるし、支援者との関係も悪くなる。

少し間を置いてから入ろう・・・こういう感じだったのだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

首相と野田氏「首から上の質違う」…経団連会長 [政治関連]

読売新聞2011年8月29日付の記事。

経団連の米倉弘昌会長は29日、記者団から民主党新代表に選ばれた野田財務相と菅首相の違いについて聞かれ、「首から上の質が違う」と、関係が冷え切っていた菅首相への「最後の皮肉」と、野田氏の能力への強い期待感を表現した。

米倉会長は、原子力発電所の再稼働を巡る対応など菅政権の政策運営を批判し続けてきた。

一方で、野田氏については「政策に通じた行動力のある政治リーダーだ」と持ち上げ、新政権とは関係修復を図りたいとの意向もにじませた。


経済界を中心に野田氏を評価する声や期待を寄せる声が相次いでいる。

野田氏が経済情勢・金融情勢に精通していると評価する声もよく聞かれるが、問題は首相に就任してからどれだけの力量が発揮できるかだ。

経済情勢に知識があるだけで、押し通す実行力がないかもしれない。

いずれにせよ、野田氏の質は首相になって力量が発揮されてからでないと分からないのではないか。

菅首相と良い意味で大きく質が違うことを期待する。

良い意味で、「菅首相とは土台(足)の上から質が違う」であってほしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

橋下知事、大阪市長選出馬へ…平松氏と対決へ [政治関連]

読売新聞2011年8月7日付の記事。

11月27日投開票の大阪市長選で、平松邦夫市長(62)と橋下徹・大阪府知事(42)が直接対決する見通しになった。

橋下知事が地域政党・大阪維新の会(代表・橋下知事)幹部と4日に開いた選挙対策の会合で、橋下知事以外の市長選候補は検討されず、事実上、くら替え出馬の方向が固まったため。

再選出馬に意欲を示す平松市長側も、後援組織が9日、選挙対策本部の発足に向けて本格始動する。

平松市長は9月上旬にも正式に出馬表明する見込みだ。

橋下知事は先月22日、市長選について、「ほかに候補者が見つからなければ僕が出る」と明言。

市長選に合わせて10月中にも辞職を表明し、知事選とのダブル選に持ち込む考えで、維新はダブル選を「大阪都構想の信を問う選挙」と位置づけ、候補者の擁立を目指していた。


別にいいのではないか。

大阪市民にとっては、大阪市の将来について色々と考える良い機会だ。

色々な候補者が出馬して選択肢があった方が市民も選挙に参加する意味合いが強くなる。

平松市長や橋下知事を始め、立候補者には精一杯大阪市に対する思いや取り組み内容をアピールしてもらって、それを市民が最終的に評価して選出すればよい話。

どんな候補者が出馬しようが、選ぶのは大阪市民。

大阪市の事を一生懸命考えて実行してくれるのならば、この両氏だけでなく誰が出馬しても構わない。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鳩山氏方針転換、菅首相の自発的辞任を促す [政治関連]

読売新聞2011年7月20日付の記事。

鳩山前首相は20日、都内で記者団に「民主党内の一部にある『菅首相は早く辞めろ』という行動は取るべきではない」と述べ、首相の自発的な退陣を待つ「太陽政策」を進める考えを示した。

先立って開かれた鳩山グループ役員会でも、「首相を信頼し、3条件の実現に協力する」との方針で一致した。鳩山氏はこれまで、首相の早期退陣を求めてきたが、「これ以上、首相を責め立てても世論の反発をかうだけ」と判断したようだ。


小沢一郎氏には逆らえない鳩山由紀夫氏。

小沢氏の目を気にして菅首相に批判的な姿勢を取り続けてきたが・・・。

ここに来て急に方針転換・・・鳩山氏の「どっちつかずで曖昧」な精神は、首相引退後も健在のようだ。

呆れ返る。

都合が悪くなったり、周囲から批判を受けるとすぐに逃げて多数派の意見に切り替える。

小沢氏の目線よりも、周囲からの目線の方を強く感じるようになり、方針を転換させたという感じ。

菅政権が揺れ動きすぎて、皆さんもうお忘れかも知れないが、国民を振り回して怒らせたのは、菅政権だけではない。

前の鳩山政権の時もひどかった。

首相時代は沖縄アメリカ軍基地移転問題など、公約は実現できないと方針転換させ、随分と国民を振り回して怒らせた。

パフォーマンスや思いつき発言は菅首相だけでなく、鳩山政権時代も同様。

特に検証することなく、二酸化炭素削減25%案を表明。

国連の会合という世界中が注目する場で突然宣言し、具体的なスケジュールを示すことなく、首相を引退。

ただ宣言しただけになっている。

管政権になってからは、その話は全く出てきていない。

鳩山氏は、国民や身内である国会議員の多数からも愛想尽かされて結局辞任したが、現在、同じような目線が菅首相にも向けられている。

国民が愛想尽かすのは分かるが、菅直人氏を次期民主党代表・首相として選んだ民主党議員・サポーター達でさえも菅首相を引きずり下ろそうとしている状況。

管政権を作った張本人たちが自ら潰そうとしているのだ。

では、誰が首相に適任なのでしょう?

菅首相が辞任し、次の総理大臣を選任しても、また月日が経つと同じような批判を繰り返すのではないか。

日本はアメリカなどと違って、簡単に国家の代表を辞任・交代させることができるが、その結果なかなか代表が定着せず、国民や世界の国々を振り回して混乱させている。

管政権のように周囲が支えても勝手に迷走してしまうような政権の場合は別だが、基本的には代表を選んだ責任として、最後まで選出に関わった国会議員全員で国家の代表を支えるべきだ。

国民が国家の代表選出に参加できず、辞任させることもできない。

国民が国家の代表を直接的に選べるようにすると、今よりももう少しまともな人が首相に選ばれ、長続きするのではないだろうか。

今までの総理大臣は、国民目線で選ばれた人たちではないから・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

松本前復興相が入院 [政治関連]

時事通信2011年7月12日付の記事。

民主党の松本龍前復興担当相が福岡市内の病院入院したことが11日、複数の民主党関係者の話で分かった。

命に別条はないという。

松本氏は東日本大震災の被災地の復興をめぐり、「知恵を出さないところは助けない」などと発言して批判を浴び、5日に引責辞任した。


何が原因で入院したのかは不明。

過労」が原因だとすると、自業自得である。

被災者を大きく傷付け、世間に悪影響を与える発言を繰り返したのだから、自分自身でしっかりと責任を取るべきだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

松本復興相が釈明会見 [政治関連]

共同通信2011年7月4日付の記事。

松本龍復興対策担当相は4日午後、東日本大震災の被災地復興をめぐる自身の発言について都内で記者会見し「このまままっすぐ前を向いて復興に当たっていく」と述べ、野党から出ている辞任論を否定。

国会での追及が予想されるが、「自然体でいく」とも述べた。

岩手宮城両県知事に3日、「知恵を出さないやつは助けない」などと話したことについて「被災者のみなさんを傷つけたならおわび申し上げたい」とあらためて陳謝。


ただでさえ、国会の震災復興対応が遅れているというのに、こうして大臣が失言・暴言や誤解を招く発言をするものだから、それでさらに対応が遅れてしまう。

釈明会見を開く事態に発展し、その分の時間を無駄にしている。

その度に政策の進行が止まり、国民(特に被災者)や地方は迷惑している。

松本復興大臣は「このまま、まっすぐ前を向いて復興に当たっていく」と言っているが、それだったら余計な誤解を招く発言はせず、震災復興だけに専念してもらいたいものだ。

多くの政治家に言えることだが、後先を考えずに発言する人が多いように思う。

この発言は失言に相当するとか、誤解を与える表現だとか、少し考えれば分かることなのに・・・。

大臣がしっかりしてくれないと、いつまでも政策が進まない・復興できない・世界から日本国全体のレベルを低く見られてしまう。

いい加減にしてもらいたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ご用聞きのように住民意見聞きたい…復興相 [政治関連]

読売新聞2011年7月2日付の記事。

松本復興相は2日、就任後初めて被災地入りし、福島県庁で佐藤雄平知事と会談し、今後の復興の進め方について意見交換した。

この後、記者団に「私自身はあまり東京にいることなく、被災地に行き、ご用聞きのように住民の意見を聞いていきたい」と述べた。

3日には岩手宮城両県庁で達増拓也、村井嘉浩両知事とそれぞれ会談する。


「何でも聞きます。」と言っておきながら、この翌日には・・・(詳しくはこちら)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小沢氏「勉強せず偉くなったヤツばっか」と批判 [政治関連]

読売新聞2011年7月3日付の記事。

民主党の小沢一郎元代表の元秘書で、元代表の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で公判中の石川知裕衆院議員(無所属)の著書「悪党 小沢一郎に仕えて」(朝日新聞出版)が7日に刊行される。

石川氏は大学在学中から元代表の自宅に住み込み、1996年から10年近く秘書を務めた。

著書は、自らの半生に触れつつ元代表の私生活の一端などを紹介。

携帯電話を「ピコピコ」と呼んで持ち歩かない、などの様子をつづっている。

また、5月31日に元代表と行った対談も掲載。

元代表はこの中で、民主党政権を「基礎的な勉強をしないで偉くなっちゃったヤツばっか。危機が起きるとどうしたらいいか分からなくなる」と酷評。

07年に福田首相(当時)と進めた大連立構想については「民主党に経験を積ませたかったし、政権交代への近道でもあった。誰も文句を言わなかったし、菅(首相)なんか何も言わなかった。みんな後になってワーワー言い出して」と悔しさをにじませた。


確かに民主党の議員は、要職の経験が不足しているし、リーダーシップを発揮出来ていない。

小沢氏は政治家としての経験が豊富で、教養も実力もあるのかもしれないが、国民の声を全く聞き入れていないところがある。

政治とカネの問題で国民から説明を求められているにも関わらず、態度を明確にしていない。

不適切な処理は秘書が勝手にやったかのように責任を全て秘書に押し付けて自身は逃げた。

秘書が勝手にやったとしても、小沢氏には秘書の管理・教育責任があり、押し付けは責任放棄で最大の裏切り行為である。

国会の欠席が多いと指摘されているにも関わらず、相変わらず欠席が多い。

菅内閣不信任決議案では、賛成の意向を示し、積極的に活動していたにも関わらず、寸前になって反対多数だと分かると、放棄するかのように採決に参加しなかった。

国民から反感を買う行動を繰り返している。

「基礎的な勉強をしないで偉くなっちゃったヤツばっか。」とまで言うのなら、小沢氏自身がもっと国民の声をしっかりと吸い上げなければならないと思う。

自分が不利になったらすぐに放棄する癖を止めるべきだ。

これでは「基礎的な勉強をしないで偉くなっちゃったヤツばっか。」という人たちと同類だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

細野氏は「原発事故収束・再発防止担当相」正式発表 [政治関連]



枝野幸男官房長官は2011年6月27日夜の記者会見で、細野豪志首相補佐官を原発事故収束・再発防止担当相に任命するなどの内閣人事を正式に発表した。

蓮舫行政刷新担当相は退任し、松本龍環境相の復興対策担当相任命に伴う後任環境相は江田五月法相に兼務させる。

また、内山晃総務政務官を交代させ、後任に自民党の浜田和幸参院議員を起用すると正式に発表した。浜田氏は復興対策本部の本部員となる。


震災復興に尽力しなければならないのはよく分かるが、それにしても閣僚を増やし過ぎではないか?

震災復興は当然大事なことだが、どうして震災から100日以上も経過した今頃になって専門の指揮官を決め、震災復興人事を本格化させていくのか?

何故今頃になってから復興に向けて本格的に動き出すのか意味不明。

平和ボケもいいとこだ。

政府やお役所仕事の典型パターンである。

担当大臣が大幅に増え、閣僚などの要職をいっぱい作って肥大化させているようにも思える。

何でもかんでも担当大臣というポストを作って対応すれば良いというものでもないと思う。

大臣になると、それなりの給料を取るのだろうし・・・。

復興にも金がかかるし、人件費にも金がかかる。

高給取りは無償で奉仕活動してほしいものだ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寺田学・元首相補佐官「不信任なら解散」「来年には震災区切りで首相交代を」 [政治関連]

2010年6月の就任直後から、首相補佐官として菅直人首相を支えてきました。

首相はよく「俺が辞めて、バラ色になるんだったら身を引く」と言っていましたよ。

ただ、党内外で内閣不信任決議案可決を狙う動きがありますが、今はその時ではないでしょう。

首相自身は、正直言うと人の使い方は上手ではありません。

人の感情を傷つけたり…。おそらく女性を口説くのもヘタでしょう。

近くにいて、「すごい」と思うところと、反面教師になるところの両面がある。

世間の菅直人像と違い非常に謙虚なので、首相は今、結構反省していますね。


人の扱いが下手というより、自分の思いつきで方針を発表し、物事を進めようとする所がいけないのではないでしょうか?

側近や周囲との調整や事前報告なしで、自らで決断して進めようとするため、周りは初耳だから混乱してしまう。

国民はその表明に期待を寄せるけれども、結局は首相だけの理想であるため、実現できずに終わってしまう。

結果、国民は失望する。

それの繰り返しで、国民の不満は溜まる一方。

おまけに震災対策や福島第一原子力発電所事故への対応・報告は後手後手で、重大・深刻な事が発覚するのも随分と時間が経過してから。

日本政府はボロボロで機能していません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「お体に気をつけて」自民・谷垣氏が首相にエール 退陣せまる自民党の空気読めず… [政治関連]

「こういう時、大変ですからお体に気をつけてがんばってください」

自民党の谷垣禎一総裁が2011年4月30日、平成23年度第1次補正予算案の衆院通過を受け、お礼の挨拶にきた菅直人首相にこんな“エール”を送った。

さらに谷垣氏は、参院での審議を経てもいないのに「これで予算が成立したわけだからピシピシと執行してください」と注文した。

自民党では各派領袖が早期の内閣不信任案提出を求めており、直前の本会議では馳浩国対副委員長が「首相の仕事はこの予算成立とともに終了する。

退陣こそが復旧・復興へ向けた新たな1ページになる」と即時退陣を迫ったばかり。

谷垣氏の発言には「お人好しにもほどがある」と憤りの声が上がっている。


あれだけ「解散総選挙」を口癖のように言っていた人が、トーンダウンどころか声援を送っている。

有権者から「震災で解散どころではない。解散ありきで、何も政策が進んでいないじゃないか!」と、強くお叱りを受けたのでしょうか?

この態度の変わり様は何なんだろう。

まるで菅首相の考え方に共感を覚えたような物言い。

東日本大震災で国会全体が一致団結する必要があるという認識なんだろうけど、自民党の方針と異なった事をやっていては自民党も自民党だなぁって思いますけどね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自民・谷垣総裁、政府の「復興本部」参加を拒否 [政治関連]

読売新聞2011年4月15日付の記事。

自民党の谷垣総裁が、東日本大震災の復興に向けて政府が月内に新設する「復興本部」(仮称)への参加を国民新党の亀井代表に持ちかけられ、拒否していたことが15日、明らかになった。

複数の自民党幹部によると、亀井氏は電話で谷垣氏に要請したが、谷垣氏は「会議の位置づけや権限が不明確だ」などと答えたという。

谷垣氏は菅首相に早期退陣を求める立場を明確にしており、政府機関への参加は好ましくないと判断したとみられる。

復興本部は首相を本部長に、全閣僚が参加する組織として設置される予定だが、亀井氏は13日、菅首相らと会談した際に、与野党の代表者もメンバーに加えるよう進言した。


自民党の谷垣総裁もよく分からない人。

菅首相を全面的に支えて、震災復興を優先すると話していたのに、結局は菅降ろしの方向に動こうとしている。

震災復興と衆議院解散とどちらが大事か、どちらを重視しているのか。

菅首相に震災復興の道筋を明確にすべきだという声が多く出ているが、自民党の谷垣総裁も震災復興と衆議院解散(解散総選挙)のどちらが重要か、どちらを優先するのか明確にすべきだと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「中間派も糾合しなければ…」 菅包囲網へ密室のシナリオ 自民党も“便乗” [政治関連]

菅直人首相に対する「包囲網」が、民主党の中間派や野党も巻き込む形で着々と形成されつつある。

小沢一郎元代表と鳩山由紀夫前首相の両グループが連携強化を急ぐ中、衆院1年生の一部が近く、首相支持派の前原誠司前外相グループの議員も含めた派閥横断の新グループを結成する。

「菅降ろし再燃」とみた自民党の派閥領袖らも民主党内の非主流派に接近。

首相はますます窮地に追い込まれている。


今は、震災復興が優先だから、首相がどうこうではなく、とにかく全議員が党派を超えて一致団結するのではなかったのですか?

菅首相を退陣に追い込むことに時間を使うのなら、一日でも早く震災復興の方針と予算を決めるべきです。

立ち上がらないといけないときに、また国会内が混乱するのでしょうか?

国民のためになりませんから、そういう事態は何としてでも回避してもらいたいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

首相の感謝広告にも批判 限定的に7紙のみで [政治関連]

菅直人首相名で2011年4月11日付の外国紙に掲載した「感謝広告」にも批判が出ている。

掲載したのは、国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンと米英仏中韓露の1紙ずつの計7紙。

ドイツイタリア台湾、インドなど震災への支援を表明した134カ国・地域の大半に広告を掲載することができていない。


これはひどいですよね。

世界から反発の声が出るのは当たり前です。

支援してくれている国全てにお礼を言うべき。

台湾は100億円以上の支援金が集まったと聞いています。

それに対してもお礼はなし?

ひど過ぎる!!

予算の関係でしょうか?

挨拶はお金をかけてでもきちんとすべきです。

何だか、日本政府の質がどんどん落ちてきているように思います。

原子力発電所事故で対応は遅れるは、汚染水の海への放出は無断で行うは、支援に対してまともにお礼も言えないは・・・。

もう支援どころか、世界から相手してもらえなくなりますよ日本は!

このままでは、日本は間違いなく質の悪い最悪な国家になってしまいます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

菅政権「さらなる災禍招く」=小沢氏、首相の震災対応を批判 [政治関連]

時事通信社2011年4月13日付けの記事。

民主党の小沢一郎元代表は13日、東日本大震災や福島第1原発事故への菅政権の対応について「初動対応の遅れをはじめ、菅直人首相自身のリーダーシップの見えないままの無責任な内閣の対応は、今後、さらなる災禍を招きかねない」などと厳しく批判する見解をまとめた。

10日の統一地方選前半戦での民主党大敗で菅政権の求心力が低下する中、小沢氏が公然と首相を批判したことで、首相退陣を求める声が高まる可能性がある。

見解は、小沢氏を支持する若手議員による「北辰会」の13日の会合で配布された。

小沢氏周辺によると、同氏と12日に会談した鳩山由紀夫前首相も、認識を共有しているという。

小沢氏は見解で「地震、津波による被災者への対応は遅々として進んでいない」と強調。

「政治家が最後に責任を取る覚悟を持てないのであれば、何のための政権交代だったのか」と指摘し、統一地方選の結果については「国民からの菅政権への警告だ」としている。 


小沢氏にしろ鳩山氏にしろ、既に重職からは離れている。

批判するだけなら誰にだって出来る。

何も政権運営に協力していないくせに、よく言えたものだなぁと思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鳩山氏「原発事故に想定外の言葉は許されない」 [政治関連]

読売新聞2011年4月9日付けの記事。

民主党の岡田幹事長は9日、東日本大震災の復興費用などを盛り込む予定の2011年度第1次補正予算案について、「月内に国会提出し、(審議日程が)足りなければ、ゴールデンウイークの間も国会を開いたらいい」と述べ、通常は国会審議を行わない大型連休期間中も審議を行い、早期成立を目指す考えを強調した。

訪問先の宮城県庁内で記者団に語った。

一方、民主党の鳩山前首相は9日、福島県の南相馬市などの避難所を訪ね、野菜果物などを差し入れた。

鳩山氏は桜井勝延同市長との会談で、東京電力福島第一原子力発電所の事故に関し、「原発事故は天災ではない。政治の世界に想定外という言葉は許されない。大変申し訳ない」と語った。


まるで「うちの菅(首相)の不手際で国民の皆様には大変ご迷惑をおかけします。」と言わんばかりの言い方。

同じ身内の人間のくせにまるで他人のような接し方。

小沢氏の政治と金の問題を巡って対立してから、菅首相に対して横柄な態度を取り、発言も大胆。

自身の首相時代がよほど優秀だったのなら良いが、鳩山氏の首相時代を評価する国民はほとんどいないでしょう。

その点、まだ菅首相の方が鳩山氏に比べてしっかり首相としての仕事をしていると思いますよ。

十分とは言えませんが、鳩山氏よりかは首相としての職務をこなしています。

鳩山氏が発言すると、毎回ややこしくなるから、「想定外の言葉は許されない。」と言う前にご自身の発言を自粛して頂いた方が良い。

今の首相が鳩山氏ではなくて本当に良かった。

鳩山氏は首相時代、周囲に影響されて毎回判断が揺れ動いていた。

あの調子だと、絶対に災害時の対応が出遅れていたに違いない。

鳩山氏だけは絶対に許せない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

菅首相、在日韓国人からの献金104万円を返還 報告書訂正へ [政治関連]

菅直人首相の資金管理団体「草志会」(東京都武蔵野市)が、在日韓国人系金融機関の元男性理事から献金を受けていた問題で、首相側がこの男性が韓国籍であると確認した上で、2011年3月14日に献金計104万円を返却していたことが8日、分かった。

首相が代理人弁護士を通じて明らかにした。

近く政治資金収支報告書を訂正するとしている。

前原前外務大臣が同様の件で辞任に追い込まれ、その直後に菅首相も発覚。

東日本大震災の直前に発覚した不祥事。

震災でそれどころではなくなり、メインのニュースからは消えてしまいましたが、見過ごしてはならない案件。

しかし、野党も今の時期は追求ばかりしていては国民から反発を受け、復興事業にも遅れが出るため、なかなか追求できないのが現状だと思います。

菅首相からすれば、皮肉にも震災の発生で野党からの追求を一応は避けられた形。

これから先は分かりませんが・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

首相、104万円返還…外国人の献金と確認 [政治関連]

読売新聞2011年4月8日付の記事。

菅首相の資金管理団体が在日韓国人系金融機関の中央商銀信用組合(横浜市)の元理事から献金を受けていた問題で、首相側が献金計104万円を返金していたことが2011年4月8日わかった。

返金は先月14日付で、首相側は返金の理由について、元理事が韓国籍であることが正式に確認できたためとしている。

近く、政治資金収支報告書を訂正する予定だ。

政治資金規正法は、外国人や、外国人が主たる構成員の団体などから政治活動に関する寄付を受けることを禁じている。

首相は3月11日の参院決算委員会で、「日本名で日本国籍と思い、外国籍とは全く承知していなかった。献金は事務所に確認したところ、頂いている」などと釈明したうえで、「外国籍だと確認された時には全額返金したい」と語っていた。

そうそう、東日本大震災ですっかり消えてしまったニュースでしたが、震災直前はこの件で菅政権が揺らいでいたんですよね。

地震が起こったことで、国会全体が一致団結して復興させなければならなくなり、このニュースは消えてしまった。

野党もこの時期に追求ばっかりしていては、国民から反発があるから、取り上げられないというのが現状かな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

菅首相、東電「指導力なし」 海外も酷評 [政治関連]

震災を伝える海外メディアの報道では、福島第1原発事故が長期化、深刻化するにつれ、東京電力や日本政府の対応を批判する記事が増えている。

特に「指導力の欠如」が問題視されている。

東南アジア各国が申し出たさまざまな人的、物的支援が、日本側の事情で遅れたり足止めされるケースも相次ぎ、戸惑いの声が出ている。

政府・東京電力共に幹部級の人間の判断力が欠けているから、より全体の対応が遅れているのだと思います。

政府・東京電力、どっちもどっちだなぁと感じます。

「何せ、前代未聞の事態なので・・・。」という言葉が毎回聞こえてくるような感じがしてなりません。

原発事故現場で働く作業員たちもかなり振り回されているんだと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大連立、自民・小坂氏「時限的に」 公明・高木氏、たち日・片山氏らは「反対」 [政治関連]

自民党の小坂憲次参院幹事長は2011年4月2日朝のTBS番組で民主、自民両党による大連立構想について「日本の再生と復興という大目標のためであれば、連立協議をして大連立を作ることはある」と述べた。

ただ、同時に「時限的な大連立とするべきだ」と指摘し、大連立に当たっては震災復興などの政策課題に限定し、期間を区切るべきとの考えを強調した。

国民の多くは、民主党政権に不満を持っています。

自民党がそんな政権と大連立してしまうと、国民は失望するでしょう。

震災前は散々民主党に解散するように訴えてきた自民党。

なぜ、大連立を検討するのか。

確かに震災復興には、党派を超えて連携する必要がありますが、別に大連立しなくても、党派を超えて様々な党の議員たちで組織された震災復興専門の委員会などを設置して連携する方法でもいいのでは??

震災復興以外の部門では、大連立する必要はないと思う。

自民党は早く政権を取り戻したいから、大連立して復帰しようと焦っているのではないでしょうか?

そういう風にも見えます。

震災前のように大いに民主党と議論する関係であって欲しいと思います。

大連立構想浮上の理由を震災にすり替えているだけのような気がする。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

元共産衆院議員、藤田スミさん死去 [政治関連]

藤田スミさん(ふじた・すみ=元共産党衆院議員)2011年3月31日、くも膜下出血のため死去、77歳。

自宅は大阪府堺市南区茶山台2の2の6の303。

葬儀・告別式は近親者で執り行う。

後日、しのぶ会を開く。

喪主は長男、大輔(だいすけ)氏。

大阪府議を3期務めた後、昭和54年に衆院旧大阪5区で初当選し連続7回当選した。

ご冥福をお祈りします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

蓮舫氏、石原都知事の「花見自粛」に反論 「権力の社会制限は最低限に」 [政治関連]

蓮舫節電啓発担当相は2011年4月1日の記者会見で、東京都の石原慎太郎知事が桜の花見について「一杯飲んで歓談する状況じゃない」と自粛を促していることに対し、「権力で自由な行動や社会活動を制限するのは最低限にとどめるべきだ」と反論した。

双方の意見、どちらも理解できる部分がある。

石原東京都知事が「一杯飲んで歓談する状況じゃない」というのは、今は日本の危機だから他にすべきことがあるだろうという意味で理解できる。

また、被災者への配慮というのもある。

一方、何でもかんでも自粛してしまうと、物やお金が動かず、今回の震災で受けた経済的打撃をさらに大きくしてしまうことになります。

石原氏と蓮舫氏の双方の意見の中間を取り、控えめにというのが良いのではないでしょうか。

自粛するのではなく、例年よりも規模を小さくしてという感じ。

花見は電気などを使う夜桜を控えて、なるべく昼間のうちに済ませてもらって、飲食料の購入も被災地への配慮から必要最低限にして、ゴミの後始末も行政に任せるのではなく、自分たちで責任を持って行う。

行政は震災支援でどこもそれどころではありませんからね。

自分たちできちんと解決するのであれば、花見は別に構わないと思いますよ。

夜間コンビニエンスストアなどの店舗営業についても自粛の声があるようですが、夜間の電気量に余裕があることや、防犯の観点から徹底して閉める必要はないと私も思います。

緊急に買い物が必要になることもありますから、全てのお店を閉店にする必要はないと思います。

それに被災地の閑散とした地域を狙う火事場泥棒などの犯罪が多発していますから、防犯のためにも多くの店舗を閉店させるのはあまり良いことではありません。

蓮舫氏は「電力があるにもかかわらず経済活動を公の力で制限していくということが、わが国の経済にとってどのよう影響があるのかも冷静に考えるべきだ」と述べたそうですが、これについては一理あると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1~4号機の廃炉「判断以前の問題」東電会長方針に枝野氏、 [政治関連]

枝野幸男官房長官は2011年3月30日(水)午後の記者会見で、東京電力の勝俣恒久会長が福島第1原子力発電所の1~4号機を廃炉する方針を示したことについて、「客観状況ははっきりしている。判断以前の問題だ」と述べました。

ここまでの深刻な問題に発展したわけだから、廃炉どうこう以前に東京電力が方針を決定する権限もないと思います。

枝野官房長官はそう言いたかったのではないでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

菅首相 発生から2週間、午後7時半からメッセージ [政治関連]

産経新聞の報道によりますと、枝野幸男官房長官は2011年3月25日(金)の記者会見で、東日本大震災発生から2週間が経過したことを受け、菅直人首相が同日午後7時半をめどに国民へのメッセージを発表することを明らかにしたそうです。

しばらく公の場に姿を見せていませんでした。

そのことに疑問をもつマスコミが多くいたということと、国民も不信感を持っていましたから、そういった部分の質問があるのではないかと思います。

あと、原発事故の対応に関する質問や、農作物・水道水などへの影響、保証をどうするか、風評被害への対策、避難住民への今後の対応などの質問もあると思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
政治関連 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。