Amazon.co.jp ウィジェット
So-net無料ブログ作成
検索選択
海外事件 ブログトップ

高層ビルで謎の揺れ=住民に退去命令―韓国 [海外事件]

時事通信2011年7月5日付の記事。

韓国ソウル東部の高層ビル「テクノマート」が5日午前、約10分間にわたり上下に揺れ、入居者ら約500人が退避する騒ぎがあった。

原因は不明で、地元の広津区は安全確認のため、入居者に最低3日間の退去命令を出した。

聯合ニュースが報じた。

テクノマートは39階建てのオフィスビルと大型商業ビルから成る。

揺れはオフィスビルの中高層階で感知された。

入居者は「目まいがするほど建物が上下に揺れた」と話している。

当時、現場付近で地震はなかった。

聯合ニュースは「土台の一部が損傷した可能性がある」との専門家の分析を伝えた。


ネットユーザーの書き込みによると、「韓国でも大型のビルで、1998年に完成しており、地下6階、地上39階規模の総面積は26万㎡に達する。大変なことになっている。」ということだ。

比較的新しい建築物。

原因が不明なだけに、非常に心配な案件である。

韓国国内では、過去に1995年に百貨店が突如崩壊する建築物の事故が発生しており、あの惨事と重ね合わせる人も多いのではないだろうか?

ちなみに百貨店崩壊は、建築上の欠陥であり、崩壊前から専門家から何度も危険だと指摘されていた。

しかし、ワンマンなオーナーがその指摘を受け入れることはなく、使用し続けた結果発生した人災であった。

もともと、百貨店として建てられたものではなく、建築過程で大幅に設計変更が行われた。

オフィスビルとして設計していたものを百貨店仕様に変更し、売り場スペースを確保するために柱を減らしたのだ。

その上、荷重を計算すること無く、屋上に空調機を何台も載せたことが建物崩壊につながった。

死者502人・負傷者937名・行方不明者5名という大惨事となった。

韓国国民の中には、この惨事の記憶が今も根深く残っているため、大変な恐怖を感じていると思う。

早期の原因特定が望まれる。

【参考リンク】
■ 三豊百貨店(Wikipedia)
■ 韓国のサンプン百貨店崩壊(失敗百選)

NYのビーチで新たに3遺体発見、地元震撼 [海外事件]

ニューヨークロングアイランドのオークビーチで2011年4月4日、3人の遺体が発見された。この近辺ではここ4か月でほかにも5遺体が見つかっており、謎が深まっている。

奇妙な事件ですね。

早く解決しますように。

海外事件 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。