Amazon.co.jp ウィジェット
So-net無料ブログ作成
検索選択
日記・雑記 ブログトップ

暗いニュース続く [日記・雑記]

某ポータルサイトトップページのニュース欄にて。



日本にとって、暗いニュースが並んでいる。

暗いニュースって続くときはとことん続く・・・。

ちょっとは良いニュースはないものか。

報道機関は全体的なバランスを考え、元気を与える記事も提供すべきである。



当ブログ記事はここまで。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これはマナー違反! [日記・雑記]

記事作成日:2011年5月03日
記事修正日:2011年5月15日


送信者 風景


大阪中之島へウォーキングに行ってきました。

中之島は、土佐堀川と堂島川(堂島ロールでお馴染みの堂島です)の間に浮かぶ島で中洲です。



とても景観が良い場所として知られており、多くの人々が訪れます。

景観を楽しむ街です。

5月になると、薔薇のシーズン

中之島公園にはバラ園があり、多くの種類の薔薇が植えられています。

今年は例年よりも遅れているようで、まだまだ見頃は先になりそうな感じ。

気温が上がらなければ、6月頃にずれ込むかもしれません。

ゴールデンウィーク中に見られるのが一番理想なのですが・・・。

さて、記事冒頭に載せた写真

カッコイイ!・・・ではなく、良い意味で載せたわけではありません。

モーターバイクを中之島周辺の河川で乗り回している人・・・いや、輩というべきか。

そういう連中がいるのです。

かなりスピードが出る乗り物でして、万が一何かと衝突した場合、双方が相当のダメージを受けることになります。

海でも問題になっており、海水浴を楽しんでいる人・子供たちのすぐそばを平気で猛スピードでモーターバイクを乗り回す輩がいるそうです。

スリルを楽しんでいるらしい。

とんでもない言い分です。

ドライブ感覚なのでしょうけど、周囲への影響を全く考えていません。

衝突事故が発生した事例もあり、残念ながら死亡者が出る事態にもなっています。

中之島の川は人が泳ぐことはありませんが、遊覧船など多くの人々を乗せた船が頻繁に行き交いますので、そういった乗り物と衝突したら大変です。

単独事故でも器物が破損したり、警察や消防にご迷惑をおかけすることになります。

景観を台無しにする行為でもありませので、本当に止めてほしいです。

大阪だけの問題ではなく、広島へ行った時も見ました。

原爆ドームの真前にある元安川と太田川をヤクザ風の格好をした連中が集団でモーターバイクを乗り回していました。

半世紀以上前は悲惨な場所だったのに、現在では平和を通り越してマナー違反の連続。

失望したのを今でも覚えています。

幸い、大阪は集団ではなく単独のようですが、早い段階で行政には動いてもらって、こういう違反行為・危険行為を阻止してもらいたいです。

増殖してからの対応ではまたお役所仕事になってしまいます。



当ブログ記事はここまで。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年もこの季節 [日記・雑記]



今年もデザートに出ました。

今年初のさくらんぼです。

甘くて美味しかったです。

桜が散ってしばらくするとこの季節ですものね。

言っている間に夏になり、次はスイカの季節になるのでしょうね。

今年はどうかな?

昨年は前半が冷夏で非常に作物の出荷が遅れ、後半は酷暑で多くの果物がボツになってしまいました。

そのため、出来の良いものは大変少なく、収穫できたものも少なかったため、全体的に価格が大変高騰しました。

高い割に不味かった。

今年は既に東日本大震災で東北地方は壊滅的被害を受けていますし、福島第一原発事故が未解決ですから、東日本を中心に少なからず影響が出てくるでしょう。

スイカは山形の尾花沢ブランド美味しいのですが、あちらも少なからず影響を受けているでしょうねぇ。

なるべく被災地の作物を買ってあげたいと思っているのですが・・・。

これ以上、災害が起こりませんように!!



当ブログ記事はここまで。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

貴重な資料が沢山 [日記・雑記]

東北地方太平洋地震が発生し、1ヶ月以上が経過しました。

地震が起こった当日も、まさか1ヶ月が経過しても被害の全貌が見えない事態になるとは誰も思ってもいなかったでしょう。

一番予想できなかったのは、福島第一原子力発電所での事故問題。

終りが見えないという前代未聞の事態です。

地元住民も、長期戦になるとは思いもしなかったと思います。

一体、日本はどうなってしまうのでしょうか?

経済と外国での風評被害だけでも何とかさせないといけませんね。

相当難しいですが・・・。

さて、動画投稿・共有サービスYouTubeをよく利用するのですが、今回の地震では実に多くの人がビデオ撮影をしています。

最近の携帯電話は高画質の動画が撮れますので、地震が起こった瞬間に実に多くの人が携帯電話でビデオ撮影を行って、地震・津波発生の瞬間を捕えているのです。

それを投稿している。

みんな必死に避難しているときに何をのんきに撮影しているんだ!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、後に貴重な資料になって生きてくると思います。

特に想定以上の津波は、後世代になっても伝えられなければなりません。

明治三陸地震の時、予想外の津波が襲ったと言われていますが、記録文書として残っているだけで、どれだけの津波だったのか鮮明な映像が残っているわけではありません。

地元の人々は、昭和に襲ったチリで発生したM9.5の大地震(記録史上最大の地震と言われている)が原因で発生したチリ津波を基準に考えていたそうです。

今回の津波は、チリ津波が到達した地点を遥かに通り越しました。

チリ津波程度の津波だろうと考えていた人たちの多くが犠牲になったと聞いています。

今回の地震の津波の恐ろしさが映像として残ることで、後世代の人たちは救われるのではないでしょうか?

役立てられることを祈っています。

何せ、何千年に一度の大地震・大津波だそうですから・・・。

間違いなく、貴重な資料になると思います。



当ブログ記事はここまで。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
日記・雑記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。