Amazon.co.jp ウィジェット
So-net無料ブログ作成
検索選択
貿易関連 ブログトップ

震災前の食品も通関拒否、中国側に改善要求 [貿易関連]

読売新聞2011年4月15日付の記事。

福島第一原発からの放射性物質流出を受けて中国当局が日本食品輸入規制をしている問題で、3月11日の東日本大震災前に製造された食品でも、港での通関が拒否される事例が相次いでいることが15日分かった。

日中関係筋が明らかにした。

中国当局は先に福島など5県からの食品輸入を禁止し、今月8日には禁止措置の範囲を12都県に拡大した。

また、12都県以外の産地からの食品についても、日本政府による放射性物質検査の合格証や原産地証明の提出を義務付けたことから、日本側との間で協議が行われていた。

ただ、同筋によると、それ以降、中国各地の港で、通関が滞るケースが頻発していた。

日本側が改善を求めたところ、震災前に製造された食品や8日の措置の前に日本を出港した食品については、中国側が輸入を認めることに同意したという。


原発による影響が大きく出ており、本当に深刻な状況です。

風評被害ということもありますが、やはり日本が逆の立場であっても、放射線の恐怖というのがあってなかなか受け入れにくいのではないでしょうか?

しかし、相手の国に受け入れてもらうため、放射線に関する情報提供を徹底して行なった上で、正しい理解を求めなければなりません。

日本にとっては死活問題ですから、必死に訴えて相手の国に受け入れてもらわなければなりません。

今のままでは、完全に日本は世界に潰されてしまいます。

弱腰ではいけません。

日本製品の安全安心を証明し、日本政府主導でセールス活動を徹底的に行うべきです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
貿易関連 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。