Amazon.co.jp ウィジェット
So-net無料ブログ作成
検索選択
歴史関連 ブログトップ

福井で新種の恐竜発見 イグアノドンの仲間のあごの化石 [歴史関連]

福井県勝山市北谷町杉山の白亜紀前期(約1億2千万年前)の地層から、中型の草食恐竜イグアノドン類とみられる恐竜の下あごの化石を発見した、と福井県立恐竜博物館が22日発表した。

同館は新種の恐竜とみている。

見つかったのは、下あごの骨「歯骨」2点で、長さ26センチ、幅3.7~4.7センチ、高さ12センチ。

昨夏の発掘で、あごの左右の骨が重なりあうような状態で見つかったという。

同じ現場からは胴や腰などの化石も見つかっており、同一個体の可能性もあるという。

イグアノドン類は密集した歯が特徴で、今回見つかった化石は同類の原初的な部類に入ると考えられる。


福井県ではよく恐竜の化石が見つかりますね。

そういう地形なのでしょうか?

他には、兵庫県・京都府など福井県に近い地域を中心に恐竜の化石が見つかっています。

やはり福井県近辺はそういう化石が埋まっている地形なのでしょうね。

恐竜史が書き換えられる新たな発見のようですので、今後が楽しみですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
歴史関連 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。