Amazon.co.jp ウィジェット
So-net無料ブログ作成
環境問題 ブログトップ

地デジ非対応のブラウン管TV、増える不法投棄 [環境問題]

朝日新聞2011年9月25日付の記事。

テレビ放送が完全にデジタル化されてから、24日で2カ月。

見られなくなったブラウン管テレビが各地で大量に不法投棄され、大阪府内では前年の3倍を超えている。

回収され、処分される際にかかる費用は行政の負担となるため、自治体は頭を痛めている。

大阪府内で不法投棄されたテレビは、府のまとめによると7月は2186台(昨年同月624台)、8月は1869台(同592台)で、ほとんどがブラウン管だ。

府資源循環課の小林啓課長補佐は「地デジ化によって見られなくなったブラウン管テレビは全国に1千万台あると推計されており、不法投棄は今後も続きそうだ」と心配する。

東大阪市では連日、市のトラック数台でパトロール。

今夏は前年の3倍近い月300台前後を回収した。

一般ごみの収集所や人目につかない道路脇などで多く見つかり、一時保管場所には今も大小500台ほどが野積みされている。


このような事態になることはある程度は想定できたはず。

政府の予測見通しの甘さ、怠慢である。

環境問題に関わる重大な事態だ。

不法投棄する輩が一番悪いが、政府が責任を持って対処すべきだと思う。

日本政府って、何故余計な仕事を作り、問題を大きくするのでしょう?

国民の為を思って仕事をしていない証拠だ!



当ブログ記事はここまで。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
環境問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。