Amazon.co.jp ウィジェット
So-net無料ブログ作成
検索選択
気象関連 ブログトップ

114年間で4番目の猛暑=梅雨入り近畿、明け沖縄最速―今夏まとめ・気象庁 [気象関連]

時事通信2011年9月1日付の記事。

気象庁は1日、今年の夏(6~8月)の天候まとめを発表した。

都市化の影響が少ない全国17地点の平均気温は新平年値(昨年までの30年間平均)より0.88度高く、統計が残る1898年以降の114年間で4番目に高かった。

過去最高は異常気象だった昨年夏で、1.46度高かった。

今年の猛暑は太平洋高気圧の勢力が約2週間周期で大きく変動し、梅雨入り・明けが平年より1~2週間早い地方が多かったのが主因。

6月24日に埼玉県熊谷市で最高気温39.8度を観測し、国内観測史上初めて6月に39度台となるなど、夏の前半に東日本を中心に記録的猛暑となった。

一方、新潟福島豪雨が発生した7月下旬や8月下旬は相対的に気温が低かった。

最高気温30度以上の真夏日の全国地点数累計は3万920地点と、昨年(3万4410地点)の1割減にとどまったが、35度以上の猛暑日は2027地点と、昨年の3921地点からほぼ半減した。

梅雨入りは近畿が5月22日ごろで1951年以降では56年の最速記録と並び、梅雨明けは沖縄が6月9日ごろで過去最速だった。


毎年何らかの異常気象。

ほぼ平年並みで終わるという年がないように思う。

今後もこうした状況が続くか、もっとひどくなるかのどちらかだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
気象関連 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。